フォード・フィエスタR2s(ポンタス・タイデマンド)《写真提供:WRC》

WRCは10月5日、22才のスウェーデン人ドライバーであるポンタス・タイデマンドが、2013年度のFIAジュニアWRCタイトルを獲得したことを発表した。

この日のラリーでカナリア諸島出身のドライバーであるイエレイ・レムズが、最終ステージでトラブルを抱えて後退し、さらにタイデマンドのもう一人のライバルであるスペイン人ドライバーのホセ・スアレズが、金曜日のレースでロールした為、今月末にスペインで行われる最終ラウンドで、他の誰も彼を捕らえられなくなった。

「簡単ではなかったがこれは素晴らしいラリーで、僕は後1ラウンドを残してタイトルを取れたことを喜んでいる。僕達は何の問題もなく、副ドライバーのオラも素晴らしい仕事をした。この勝利は僕達2人をとてもハッピーにした」とタイデマンドは語った。