トニー・カナーンの移籍記者会見《写真提供:INDYCAR》

インディカーは、2013年度インディアナポリス500の優勝者であるKVレーシングのトニー・カナーンが、2014年度シーズンより現在のホンダからシボレーエンジンに変更するチップ・ガナッシ・レーシングに移籍することを発表した。

カナーンはNTT DATAが主要スポンサーを務めるチームでドライブする。彼はダリオ・フランキッティとスコット・ディクソン、チャーリー・キンボールと合流し、チームは2014年シーズンを通して4台体制を維持する予定である。

「僕はこのチームに合流できてとても幸せだ。僕達は長い間、一緒なれるようにトライして来た。ダリオと再び合流し、ディクソンとチャーリーと一緒に走るのは凄いことだ。僕は過去に4台の車を持つチームにいたが、それはとても成功をしていた。僕は将来を楽しみにしており、同時にこのことはインディカーにとって素晴らしいニュースとなるだろう」とカナーンは語った。

チップ・ガナッシ・レーシングは2006年にホンダが唯一のエンジン供給者となった時、トヨタからホンダエンジンに変更した。ホンダとシボレーのエンジン・マニュファクチャーの競争は2012年シーズンに再開された。

「このエンジン変更の決定は、数々の理由によるものだ。我々はインディカーへのリターンで素晴らしい仕事をして、さらにNASCARでの我々とガナッシ氏との関係も大きく影響している。NASCARと同じマニュファクチャーと仕事をすることは、多くの相乗作用を生み出すこととなるだろう」とシボレーのパフォーマンス・ビークル及びモータースポーツの副社長であるジム・キャンベル氏は語った。

トニー・カナーンの移籍記者会見《写真提供:INDYCAR》 トニー・カナーンの移籍記者会見《写真提供:INDYCAR》 トニー・カナーンの移籍記者会見《写真提供:INDYCAR》