日産・自動運転技術

日産自動車は10月3日、「CEATEC JAPAN 2013」において、同社の自動運転技術が「米国メディアパネル・イノベーションアワード 2013」グランプリを受賞したと発表した。

同アワードは、米国のIT・家電関係のジャーナリストが、CEATEC JAPANに出展された技術、製品、サービスを、米国市場への影響や潜在的なニーズ、機能性、革新性、新しいニーズに対して独自のソリューションを提供しているかなどについて、ジャーナリストの取材経験に基づいた独自の視点で評価し表彰するもので、自動車メーカーとしては初めての受賞となる。

自動運転技術については、交通事故や死亡者の低減への貢献、同社の2020年までに実用化するという積極的な取組みなどが高く評価された。