軽自動車・コンパクトカーを購入した理由

マクロミルは、日刊自動車新聞と共同で、軽自動車・コンパクトカーに関する調査を実施し、その結果を発表した。

調査は、全国の20〜69歳、軽自動車・コンパクトカーの2013年購入者各515人、合計1030人を対象に8月24日・25日、インターネットリサーチで行った。

2013年に軽自動車を購入した新規増車の内訳は、新規10.6%、切替え81.9%、増車7.3%その他0.2%。そのうち、新規を除く対象者に1台前に所有していたクルマをたずねたところ、軽自動車だった人は56.2%と半数以上、残りの44%は普通車やコンパクトカー、ハイブリットカーなどからのダウンサイズ購入という結果となった。一方、コンパクトカー購入者は、コンパクトカーからの乗り換えが45.4%、その他14.4%が軽自動車からのアップサイズ、37.6%は普通車からのダウンサイズ購入となった。

軽自動車の購入者に購入理由をたずねたところ、「維持費が安いから(72.4%)」がトップ、次いで「燃費が良いクルマにしたかったから(48.0%)」「性能や品質が十分に高いと思うから(42.7%)」という結果となった。そのうち、近年人気の高い「ハイトワゴンタイプの軽自動車」に限定してみると、「性能や品質が十分に高いと思うから」が52.1%と、軽自動車全体に比べて10ポイント程度の差が出ている一方、「車両本体価格が安かったから」が24.4%(軽全体では38.8%)と14ポイント以上低い結果となった。

軽自動車の満足度をたずねたところ、総合満足度は72%だった。個別では、「税金が安い(80.2%)」「維持費が安い(76.3%)」「燃費が良い(64.3%)」と、価格に関する項目が上位にあがったほか、「取り回しが良い、運転がしやすい(62.1%)」「走行性能が高い(58.3%)」「室内空間が広い・快適(58.3%)」などが次いで高い満足度を得ている。また、対象をハイトワゴンタイプに絞ったところ、総合満足度は同様に70%程度ながら「メーカーの信頼」「スタイル・外観」「イメージやテイストがよい」「安全性が高い」「定評がある」など、他者からの評判やイメージに関わる項目がそれぞれ軽自動車全体に比べて高くでている。

1台前に所有していた自動車のタイプ