ヒュンダイ ツーソン の2014年型

韓国ヒュンダイモーター(現代自動車、以下、ヒュンダイ)の米国法人、ヒュンダイモーターアメリカは10月1日、2014年モデルの『ツーソン』を発表した。

ツーソンは、ヒュンダイの主力小型SUV。現行型は2代目モデルで、米国仕様は2009年12月、ロサンゼルスモーターショー09でデビュー。韓国では『ツーソンix』欧州では『ix35』を名乗る。米国ではトヨタ『RAV4』、日産『ローグ』、ホンダ『CR-V』、スバル『フォレスター』、フォード『エスケープ』などと競合する。

今回発表された2014年モデルは、現行型の発表以来、初の大幅改良モデル。内外装をリファインし、商品力を引き上げた。外観は新デザインのLEDヘッドランプを採用。インテリアは装備の充実や、車載テレマティクスのアップデートが図られた。

メカニズム面では、ガソリンエンジンを直噴化(GDi)したのがハイライト。直列4気筒エンジンは、排気量が2.0リットルと2.4リットルの2種類。スペックは2.0リットルが最大出力164ps、最大トルク20.9kgm。2.4リットルが最大出力182ps、最大トルク24.5kgmを引き出す。

両エンジンともに、パワーを引き上げながら、燃費性能を向上。とくに2.0リットルは、米国EPA(環境保護局)予想燃費が、市街地9.8km/リットルと優れた数値を実現している。

ヒュンダイ ツーソン の2014年型 ヒュンダイ ツーソン の2014年型 ヒュンダイ ツーソン の2014年型 ヒュンダイ ツーソン の2014年型 ヒュンダイ ツーソン の2014年型 ヒュンダイ ツーソン の2014年型 ヒュンダイ ツーソン の2014年型 ヒュンダイ ツーソン の2014年型