ダイハツ・タントカスタム《撮影 内田俊一》

ダイハツからフルモデルチェンジした『タント』が発売された。これまでと同様、標準のタントと、「タントカスタム」の2種類が用意される。

両車の違いについて、ダイハツ工業デザイン部主査の岩村卓さんは、「フロントフェンダーとボンネット、フロントグリル、バンパー。そして、リアバンパーとリアコンビネーションランプが違う」と話す。

具体的には、「標準のタントが優しさを表現しているのに対し、タントカスタムは迫力を付与していこうとデザインした」と述べる。

販売割合は半々であることから、いかにイメージを変えるかというところに腐心したと岩村さん。タントカスタムは、「フロントグリルからヘッドランプにつながるグリルから感じる力強さや、押し出し感を強く表現し、迫力につなげている」と語った。

ダイハツ・タントカスタム《撮影 内田俊一》 ダイハツ・タントカスタム《撮影 内田俊一》 ダイハツ・タントカスタム《撮影 内田俊一》 ダイハツ・タントカスタム《撮影 内田俊一》 ダイハツ・タントカスタム《撮影 内田俊一》