メルセデスベンツ・SLK200レーダー セーフティ エディション

メルセデス・ベンツ日本は、『SLKクラス』の装備を充実させた特別仕様車『SLK200レーダー セーフティ エディション』を設定し、10月3日より全国限定100台で販売を開始した。

特別仕様車は、SLK200をベースに、5つのミリ波レーダーセンサーと1つのカメラを用いて衝突の危険を低減し安全運転をサポートする「レーダーセーフティパッケージ」や、スイッチ1つでルーフトップの濃淡を切り替えることができる「マジックスカイコントロールパノラミックバリオルーフ」などを特別装備した。

内外装は、ポーラーホワイトのボディカラーとのコントラストが際立つベンガルレッドのナッパレザーシートを組み合わせ、SLKクラスのスポーティさを引き立てている。

さらに、ソーラーレッドのイルミネーションが夜間の室内を彩るアンビエントライトをドアアームレストやセンターコンソールなどに採用している。

価格はベースモデルから43万円アップの633万円。

メルセデスベンツ・SLK200レーダー セーフティ エディション メルセデスベンツ・SLK200レーダー セーフティ エディション