シトロエン・DS3 カブリオ《撮影 内田千鶴子》

シトロエン『DS3カブリオ』が日本でも発売された。その最大のポイントはDS3ハッチバックを踏襲していることだという。

「デザイン、ビークルパーソナリゼーション、実用性、乗り心地、そのすべてがDS3ハッチバックを踏襲している」とはプジョー・シトロエン・ジャポン広報部シトロエンPRマネジャーの村田佳代さんの弁。

DS3カブリオのデザイナーは、「カブリオであることよりも、DS3であることにウエイトを置いたとコメントしている」と村田さん。「ツートンのボディカラーや、屋根が浮かんでいるように見えるフローティングルーフ、シャークフィンデザイン。フロントのLEDライトなど、一見するとDS3カブリオとハッチバックが変わらないようにデザインされた」という。

DS3は、“Surprise(驚き)、Appeal(魅力)、Vitality(活力)”をキーワードにデザインされ、DS3カブリオは、この完成されたオリジナルのイメージをそのままに、オープンドライブも楽しめるクルマとなったのだ。

リアビューには新しいデザインのLEDコンビネーションランプが搭載された。「コンセプトカー、『サーボルト』からインスピレーションを得たデザインだ」と村田さん。45個のLEDランプをミラーで反射させ、合わせ鏡のように奥行き感を出している。このランプは「カブリオを機にほかのDS3ハッチバックモデルにも投入されており、来年に日本でもお披露目となる『C4ピカソ』もこのリアランプを採用している」と語った。

シトロエン・DS3 カブリオ《撮影 内田俊一》 シトロエン・DS3 カブリオ《撮影 内田俊一》 シトロエン・DS3 カブリオ《撮影 内田俊一》 シトロエン・DS3 カブリオ《撮影 内田俊一》 シトロエン・DS3 カブリオ《撮影 内田俊一》 シトロエン・DS3 カブリオ《撮影 内田俊一》 シトロエン・DS3 カブリオ《撮影 内田俊一》 シトロエン・DS3 カブリオ《撮影 内田俊一》 シトロエン・DS3 カブリオ《撮影 内田俊一》 シトロエン・DS3 カブリオ《撮影 内田俊一》 シトロエン・サーボルト《参考画像》