新型メルセデスベンツSクラス

ドイツの高級車メーカー、メルセデスベンツは9月30日、上海市内で特別イベントを開催し、中国市場において新型『Sクラス』を発売した。

Sクラスにとって、高級車の販売が伸びている中国は重要な市場。先代Sクラスは2005-2013年の約8年間に、中国で累計15万台以上を販売している。2012年の1年間だけで見ても、3万3000台以上を売り上げた。2009年以降、Sクラスの世界最大市場は中国。

また、新型Sクラスの世界受注も好調。ダイムラーによると、2013年5月の欧州発売以来、世界累計受注台数は3万台を超えているという。

上海市内で開催された特別イベントには、2000名以上の招待客が出席。新型に対して、好意的な反応が寄せられたとのこと。

ダイムラーの中国担当、Hubertus Troska取締役は、「Sクラスは我々の中国成長戦略において、新たなマイルストーンを刻んだ。中国はSクラスにとって、最大市場だ」と述べている。

新型メルセデスベンツSクラス