トラック・バス用スタッドレスタイヤ「M929Premium」

東洋ゴム工業は、今年9月より発売を開始したトラック・バス用スタッドレスタイヤの新商品「M929Premium(エムキュウニイキュウ・プレミアム)」が、日本デザイン振興会主催「2013年度グッドデザイン賞」を受賞。

「グッドデザイン賞」は、1957年に創設された総合的なデザイン評価・推奨を行う日本で唯一のデザインアワードで、同賞は有形無形を問わず、あらゆるモノや活動を対象とし、日本の名だたるデザイナーや建築家などから構成される審査委員会によって選定され、優れたデザイン」に対して贈られ賞だ。

今回受賞した同社製品「M929Premium」は、本年9月より発売を開始したトラック・バス用スタッドレスタイヤの新商品で、同製品は、冬季路面を強力に捉えて走行できる、高い「氷雪走行性能」と、スタッドレスタイヤを通年使用する環境で、コスト抑制につながる「摩耗ライフの向上」を兼ね備えたスタッドレスタイヤの中でも高付加価値商品の位置づけとなるタイヤだ。

本製品は、同社独自のトラック・バス用タイヤ基盤技術「e-balance(イーバランス)」によるシミュレーション技術により、トレッドのブロックを互い違いに配置。タイヤに強い負荷がかかるブレーキング時や加減速時に、各ブロック同士がひっかかり合うことでその倒れ込みを防止する。
この「トレッドパターンの最適化」などを図ったことで、氷上性能は同社従来品比9%の向上、及び摩耗ライフ性能も同15%向上した。

今受賞に対し、審査委員会から、「デザイン面での判断が難しい傾向のある商用車用タイヤだけに、目に見える性能を表現した技術は説得力があった」と評される。

トレッドパターン(デザイン)の工夫によって性能を向上させたことに加え、その性能がデザインとして可視化されている点などに高い評価を得た。