ケンウッド・彩速ナビ「MDV-Z700」(参考画像)

JVCケンウッドは、10月1日付で事業セグメント長を設置するなどの組織変更を行ったと発表した。

同社は10月1日付で各事業セグメントにセグメント長を設置し、事業セグメントごとの売上・利益責任の明確化や、事業部をまたがった資源配分の最適化をはかることで、経営環境の変化に対応していく。

また、カー市販事業における商品力強化の施策として、カーナビゲーションやディスプレイオーディオといったカーマルチメディア製品とカーオーディオ製品の両方の開発・設計を「MMソフト開発統括部」にて一括して行う組織に再編。これに伴い、「MMソフト開発統括部」を「商品開発統括部」に名称変更した。