メルセデスベンツCクラスのIIHS前面衝突回避性能テスト

米国IIHS(道路安全保険協会)は9月27日、前面衝突予防性能を評価する新試験プログラムの結果を公表し、メルセデスベンツ『Cクラス』を、最高評価の「スーペリア」に認定した。

IIHSの新試験プログラムは、中型乗用車とSUVを対象に初めて実施。前面衝突予防システムをオプション/標準装備する車種に関して、自動ブレーキ機能の有無や自動ブレーキの検証テストを行ったうえで、衝突回避性能を「スーペリア」、「アドバンスド」、「ベーシック」の3段階で評価するもの。

このテストでは、先行自動車のリア部分に見たてた静止目標に向かって、IIHSのエンジニアがテスト車を走らせ、自動ブレーキによる減速性能を検証する。最高評価の「スーペリア」を獲得するには、自動ブレーキ試験で4‐5ポイント、前面衝突警報付車両への1ポイントの加算を含め、総合5ポイント以上(最高6ポイント)が必要とされる。

米国向けのメルセデスベンツCクラスには、「ディストロニックプラス」を標準装備。先行車を認識して車間距離を維持。減速が必要な場合、スロットルとブレーキを自動調整し、スムーズに減速する。さらに、「プレセーフブレーキ」も標準装備。これは、ディストロニックプラスと連動して作動するもので、ドライバーに衝突の危険を警告し、ドライバーが反応しない場合、自動でブレーキをかける。

メルセデスベンツCクラスのIIHSのテストの結果は、自動ブレーキ試験で4ポイント、前面衝突警報付車両への1ポイントの加算を含めて、総合で5ポイントを獲得。IIHSから最高評価の「スーペリア」との認定を受けている。