GMの燃料電池研究開発ラボ

米国の自動車最大手、GMは9月30日、米国の陸軍と間で、燃料電池技術の研究開発における協力関係を拡大すると発表した。

GMと米陸軍は長年、燃料電池技術の共同研究開発を進めてきた。2012年2月、GMは軍用車としては世界初となる燃料電池車を、米陸軍に引き渡し。ハワイに合計16台の燃料電池車を配備し、日常的な業務に活用してきた。

この燃料電池車は、シボレーブランドのクロスオーバー車、『エクイノックス』をベースに開発されたもの。最大航続可能距離は約320kmの性能を備え、水素の補充は5分で完了。もちろん、ゼロエミッション走行を実現する。

今回GMは、米陸軍との燃料電池技術の研究開発における協力関係を拡大すると発表。その内容は、米陸軍の研究機関のTARDECとの間で、水素燃料電池に関連した素材のテストや、パフォーマンスや耐久性を高めた水素燃料電池の設計を共同で行うこと。

両者の共同プロジェクトは、最大5年間の予定。GMの燃料電池事業を統括するチャールズ・フリース氏は、「GMは米陸軍との協力関係の拡大を歓迎する。水素燃料電池技術は、多くの可能性を秘めている」とコメントしている。