今シーズンのWTCC上海ラウンドに1戦限りで復帰するボルボC30

世界最高峰のツーリングカーレース、WTCC(世界ツーリングカー選手権)。このレースに、ボルボカーズが1戦限定での復帰を果たすことが分かった。

これは9月26日、ボルボカーズが明らかにしたもの。「11月に中国で開催されるWTCC第11戦、上海ラウンドに、ポールスターレーシングからボルボ『C30』で参戦する」と発表している。

ポールスターレーシングは、ボルボカーズのモータースポーツ公式パートナー。2011年、ポールスターレーシングがWTCCに投入したC30の「1.6T」で、今シーズンのWTCCに1戦限りの復帰を果たす。

ドライバーには、スウェーデンのSTCC(スカンジナビアン・ツーリング・カー選手権)で活躍中のテッド・ビョーク選手を起用。同選手は、2013年シーズンのSTCCチャンピオン。

ボルボカーズのモータースポーツディレクター、Alexander Murdzevski Schedvin氏は、「上海ラウンドへの参戦は、WTCCの動きをチェックするため」とコメント。将来のWTCC参戦の可能性を示唆している。