MotoGP マルク・マルケス選手(左)、ダニ・ペドロサ選手(右)

MotoGP第14戦・アラゴンGPの決勝が9月29日、スペインのモーターランド・アラゴンで開催され、マルク・マルケス(Repsol Honda Team)が今季6勝目を飾った。

決勝は、今季7度目のポールポジションからスタートしたマルケスと、予選2番手のホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)、予選3番手のダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)の3人が、序盤からトップグループを形成する激しい戦いとなった。オープニングラップを制したのはロレンソ。その背後でマルケスとペドロサがし烈な2番手争いを繰り広げた。

そして、6周目の12コーナーのブレーキングで、マルケスがオーバーランし、コーナーの立ち上がりではペドロサが転倒。このハプニングで、トップのロレンソとマルケスの差は、約1.5秒に広がった。しかし、ロレンソを上回るペースで快走するマルケスは、周回するごとにその差を縮め、14周目に逆転に成功。それからもペースを緩めることなく、23周のレースで真っ先にチェッカーを受けた。

これでマルケスは今季6勝目、シーズン13度目の表彰台に立ち、ルーキーの優勝記録と表彰台記録を更新した。この結果マルケスは、今大会2位のロレンソに39点差、転倒リタイアでノーポイントに終わったペドロサとの差を59点として、ライダーズタイトル獲得に一歩前進した。

■MotoGP 第14戦(アラゴン)
1位:マルク・マルケス(ホンダ)
2位:ホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)
3位:バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)
4位:アルバロ・バウティスタ(ホンダ)
5位:ステファン・ブラドル(ホンダ)
6位:カル・クラッチロー(ヤマハ)

■ポイントスタンディング
1位:マルク・マルケス(ホンダ)278P
2位:ホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)239P
3位:ダニ・ペドロサ(ホンダ)219P
4位:バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)185P
5位:カル・クラッチロー(ヤマハ)156P
6位:ステファン・ブラドル(ホンダ)135P

MotoGP マルク・マルケス選手(#93) MotoGP マルク・マルケス選手(#93) MotoGP マルク・マルケス選手 MotoGP マルク・マルケス選手