インドネシア ジャカルタ市内で交通ルールの啓蒙活動を行うグループ《撮影 吉田瑶子》

夕刻の交通量が増え始めたジャカルタ市内交差点で、交通ルールを啓蒙する集団に遭遇した。

信号が青になると横断歩道を渡りながらパフォーマンスし、赤になると歩道と中央分離帯に並んで「横断歩道を渡ろう、交通ルールを守ろう」と声を揃える。男女20名ほどのそのグループは、皆一様に横断歩道をイメージしたゼブラ柄の服を身に着け、懸命に呼び掛けていた。

拡大を続けるインドネシアの自動車市場。昨年の国内新車販売台数は111万6230台を記録し、2013年も4年連続の販売台数更新が見込まれる。

しかし、その一方で問題視されているのが交通環境の悪さだ。道路整備の遅れ、交通ルールの理解・モラル不足から、渋滞や事故が多発している。インドネシア中央統計局Badan Pusat Statistik(BPS)の発表によると、2011年の交通事故発生数は10万8696件、うち死亡者は3万1195人に上った。これは報告されている件数のみで、WHOは「実際には4万件を超える」と推定している。新車販売台数536万9721台の日本における昨年の交通事故死亡者数は4411人(警視庁発表)。人口が2倍であることを鑑みても、その比率には大きな差がある。

また、大半のドライバーが自動車保険未加入だという。死亡事故や重大な傷害に至らない場合は、基本的に警察への報告はされず、当事者同士の示談により解決するのが通例。現地紙ジャカルタ・ポストは、「インドネシア損害保険会社協会の発表によると、国内の市場規模は前年比13.3%増の11兆5900億ルピア(約1122億円)に達した」と報じているが、市民への一層の認知は今後の課題となろう。

ジャカルタ市内では自動車に加え、二輪車、バジャイと呼ばれる三輪バイク、歩行者が大量に行き交う。無理に右左折しようとする車、逆走するバイク、所構わず横断しようとする歩行者など、いつ事故が発生してもおかしくない状況だ。進まない渋滞に痺れを切らし、路肩やバス専用レーンを通行する車も目立つ。

現地紙Jakarta Globeによれば、インドネシアのアブドゥル・ハキム議員は「問題が対処されなければ、2020年には交通事故死亡者数が6万5000人に達する」と発言したという。現地で必要とされているのは優遇税制や新型車だけではない。

インドネシア ジャカルタ市内の道路《撮影 吉田瑶子》 インドネシア ジャカルタ市内の道路《撮影 吉田瑶子》 インドネシア ジャカルタ市内の道路《撮影 吉田瑶子》 インドネシア ジャカルタ市内の道路《撮影 吉田瑶子》 インドネシア ジャカルタ市内の道路《撮影 吉田瑶子》 インドネシア ジャカルタ市内の道路《撮影 吉田瑶子》 インドネシア ジャカルタ市内の道路《撮影 吉田瑶子》 インドネシア ジャカルタ市内で交通ルールの啓蒙活動を行うグループ《撮影 吉田瑶子》 インドネシア ジャカルタ市内で交通ルールの啓蒙活動を行うグループ《撮影 吉田瑶子》 インドネシア ジャカルタ市内で交通ルールの啓蒙活動を行うグループ《撮影 吉田瑶子》 インドネシア ジャカルタ市内の道路《撮影 吉田瑶子》 インドネシア ジャカルタ市内で交通ルールの啓蒙活動を行うグループ《撮影 吉田瑶子》 インドネシア ジャカルタ市内で交通ルールの啓蒙活動を行うグループ《撮影 吉田瑶子》 インドネシア ジャカルタ市内で交通ルールの啓蒙活動を行うグループ《撮影 吉田瑶子》 インドネシア ジャカルタ市内で交通ルールの啓蒙活動を行うグループ《撮影 吉田瑶子》 インドネシア ジャカルタ市内で交通ルールの啓蒙活動を行うグループ《撮影 吉田瑶子》 インドネシア ジャカルタ市内で交通ルールの啓蒙活動を行うグループ《撮影 吉田瑶子》 インドネシア ジャカルタ市内で交通ルールの啓蒙活動を行うグループ《撮影 吉田瑶子》 インドネシア ジャカルタ市内で交通ルールの啓蒙活動を行うグループ《撮影 吉田瑶子》 インドネシア ジャカルタ市内で交通ルールの啓蒙活動を行うグループ《撮影 吉田瑶子》 インドネシア ジャカルタ市内で交通ルールの啓蒙活動を行うグループ《撮影 吉田瑶子》 インドネシア ジャカルタ市内の道路《撮影 吉田瑶子》 インドネシア ジャカルタ市内の道路《撮影 吉田瑶子》