新型日産 パスファインダー

日産自動車が発表した2013年8月の国内生産・販売・輸出実績によると、グローバル生産台数は前年同月比2.1%増の39万5767台で、8月としては過去最高を記録。4か月ぶりのプラスとなった。

国内生産は同11.7%減の7万7812台だったが、海外生産は同6.2%増の31万7955台で8月としては過去最高を記録。米国は主に『パスファインダー』の台数増より、同23.4%増の7万7371台。中国も、主に『ヴェヌーシア R50』『シルフィ』シリーズ、『キャシュカイ』の台数増により、同14.9%増の8万8163台と前年実績を上回った。

グローバル販売は、同3.1%増の39万1851台と、8月としては過去最高を記録。国内販売は、同12.4%増の4万6910台。登録車は主に『ノート』の台数増により同3.3%増の3万2438台と順調だった。軽自動車も新型『デイズ』の好調な販売が貢献し、同40.1%増の1万4472台と前年実績を大きく上回った。一方、海外販売は欧州が不振だったものの、米国やメキシコが好調で、全体でも同1.9%増の34万4941台と、前年実績を上回った。

輸出は、同11.5%減の4万4327台と前年同月を下回った。

東風日産のヴェヌーシア R50(参考画像)