ダイハツブース(ジャカルタモーターショー13)《撮影 椿山和雄》

19日に開幕した、ジャカルタモーターショー2013。インドネシアでローコストグリーンカー(LCGC)の『アイラ』を発売したばかりのダイハツブースでは、アイラのバリエーション展開や、将来的な派生モデルなどの展示で、今後の方向性を示した。

新型車のアイラについて、ダイハツの金子副社長は「これからインドネシアでも当然モータリゼーションは加速していく。年収の低い人でも、また二輪車ユーザーの方などにも乗っていただいて、アイラは自然にその中で育っていく」と話した。

加えて、市場での反響については「発売直後だが、販売店からの話では好評を得ている。低燃費で低価格、インドネシアのマーケットに合ったスタイリングとクルマの大きさ、そして走りが評価されたと思う」と述べた。

ダイハツブース(ジャカルタモーターショー13)《撮影 椿山和雄》 ダイハツの金子副社長(ジャカルタモーターショー13)《撮影 椿山和雄》 ダイハツブース(ジャカルタモーターショー13)《撮影 椿山和雄》 ダイハツブース(ジャカルタモーターショー13)《撮影 椿山和雄》 ダイハツブース(ジャカルタモーターショー13)《撮影 椿山和雄》 ダイハツブース(ジャカルタモーターショー13)《撮影 椿山和雄》 ダイハツブース(ジャカルタモーターショー13)《撮影 椿山和雄》 ダイハツブース(ジャカルタモーターショー13)《撮影 椿山和雄》 ダイハツブース(ジャカルタモーターショー13)《撮影 椿山和雄》