ホンダ フィット 無限《撮影 太宰吉崇》

3代目となる新型『フィット』の試乗会が横浜で開催され、会場には無限ブランドのパーツが装備されたフィットも展示されていた。

新型フィット用のエアロパーツは全てのグレードに装着可能なフルバンパータイプとスポイラータイプの2種類が存在する。

その理由についてM-TECの商品事業部 浜崎晋治氏は「新型フィットでは”プレミアム スポーツ コンパクト”をコンセプトに「フロント エアロ バンパー スタイル」と「フロント アンダー スポイラー スタイル」の2種類のエアロパーツを開発しました。ドレスアップで重要なフロントとサイドのエアロパーツはどちらのタイプも全てのグレードに装着が可能です。『フィット』を購入される方は、ライトなチューニングをする方からサーキットをガンガン走る方まで様々です。”このエアロはこのグレードにしか付かない”というのではなく、どのグレードでもお客様の好みに応じてカスタマイズできるよう、このような構成となりました」と語る。

またそのデザインについて同氏は「製品によっては実際に風洞実験にかける製品もあります。また市販車のパーツを開発している隣でレーシングマシンの開発も行われていて、レースで得たノウハウを市販品に落とし込んでいます。そのような環境の下で開発が行われるので、無限としてはスポーティさを押し出したデザインとなるのです」と語った。

ホンダ フィット 無限《撮影 太宰吉崇》 ホンダ フィット 無限《撮影 太宰吉崇》 ホンダ フィット 無限《撮影 太宰吉崇》 ホンダ フィット 無限《撮影 太宰吉崇》 ホンダ フィット 無限《撮影 太宰吉崇》 ホンダ フィット 無限《撮影 太宰吉崇》 ホンダ フィット 無限《撮影 太宰吉崇》 ホンダ フィット 無限《撮影 太宰吉崇》 ホンダ フィット 無限《撮影 太宰吉崇》 ホンダ フィット 無限《撮影 太宰吉崇》 ホンダ フィット 無限《撮影 太宰吉崇》 ホンダ フィット 無限《撮影 太宰吉崇》 ホンダ フィット 無限《撮影 太宰吉崇》 ホンダ フィット 無限《撮影 太宰吉崇》 ホンダ フィット 無限《撮影 太宰吉崇》 ホンダ フィット 無限《撮影 太宰吉崇》 ホンダ フィット 無限《撮影 太宰吉崇》 ホンダ フィット 無限《撮影 太宰吉崇》 ホンダ フィット 無限《撮影 太宰吉崇》 ホンダ フィット 無限《撮影 太宰吉崇》 ホンダ フィット 無限《撮影 太宰吉崇》 ホンダ フィット 無限《撮影 太宰吉崇》 ホンダ フィット 無限《撮影 太宰吉崇》 ホンダ フィット 無限《撮影 太宰吉崇》 ホンダ フィット 無限《撮影 太宰吉崇》 ホンダ フィット 無限《撮影 太宰吉崇》 ホンダ フィット 無限《撮影 太宰吉崇》 ホンダ フィット 無限《撮影 太宰吉崇》 ホンダ フィット 無限《撮影 太宰吉崇》