新型 ポルシェ 911ターボ S(フランクフルトモーターショー13)《撮影 太宰吉崇》

ドイツの高級スポーツカーメーカー、ポルシェは9月10日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー13において、新型『911ターボ』と『911ターボS』をワールドプレミアした。

911ターボは歴代『911』に用意されてきた高性能モデル。新型のハイライトが、いっそうパワフルかつ環境性能を高めたエンジン。直噴3.8リットル水平対向6気筒ガソリンエンジンは、2個のターボチャージャー(可変ジオメトリーターボ)で過給。911ターボが最大出力520ps/6000-6500rpm、最大トルク67.3kgm/1950-5000rpm、 911ターボSが最大出力560ps/6500-6750rpm、最大トルク71.4kgm/2100-4250rpmを発生する。

オーバーブーストモードでは、さらに最大トルクが向上。911ターボでは72.4kgm/2100-4250rpm、 911ターボSでは76.5kgm/2200-4000rpmへ高められる。

トランスミッションは7速デュアルクラッチの「PDK」、駆動方式は4WDの「PTM」(ポルシェ・トラクション・マネジメントシステム)の最新版。新開発のPTMは、電子制御マルチプレートカップリングを採用。新しいPTMは前輪へのトルク伝達をよりダイレクト化し、エンジンとトランスミッション、4WDシステムの連携も最適化された。

これらの効果により、0-100km/h加速は911ターボが3.4秒(スポーツクロノパッケージは3.2秒)、911ターボSが3.1秒。最高速は911ターボが315km/h、911ターボSが318km/hに到達する。新型911ターボのスポーツクロノパッケージの0-100km/h加速3.2秒は、先代911ターボSよりも0.1秒短縮。

これだけの高性能でありながら、新型911ターボシリーズには、アイドリングストップと巡航時の気筒休止システムを採用。欧州複合モード燃費は10.3km/リットルと、先代比で最大16%向上させた。

両車はすでに、日本国内での受注をスタート。価格は911ターボが2030万円、911ターボSが2446万円と公表されている。

新型 ポルシェ 911ターボ S(フランクフルトモーターショー13)《撮影 太宰吉崇》 新型 ポルシェ 911ターボ S(フランクフルトモーターショー13)《撮影 太宰吉崇》 新型 ポルシェ 911ターボ S(フランクフルトモーターショー13)《撮影 太宰吉崇》 新型 ポルシェ 911ターボ S(フランクフルトモーターショー13)《撮影 太宰吉崇》 新型 ポルシェ 911ターボ S(フランクフルトモーターショー13)《撮影 太宰吉崇》 新型 ポルシェ 911 ターボS 新型 ポルシェ 911 ターボS 新型 ポルシェ 911 ターボS 新型 ポルシェ 911 ターボS 新型 ポルシェ 911 ターボS 新型 ポルシェ 911 ターボS 新型 ポルシェ 911 ターボS 新型 ポルシェ 911 ターボS 新型 ポルシェ 911 ターボS 新型 ポルシェ 911 ターボS