マツダ アクセラ プロトタイプ《撮影 太宰吉崇》

3代目となる『アクセラ』プロトタイプ試乗会が箱根にあるTOYO TIRES ターンパイクにて開催された。

新型アクセラには「HEADS-UP COCKPIT」と呼ばれる新しいHMI(ヒューマン・マシン・インターフェイス)が採用されたが、このシステムには2DINタイプのナビ・オーディオが搭載できない。

今回、2DINタイプのオーディオ・ナビを排した理由について電子開発部の大池太郎氏は「2DINにしてしまうとハードウェアは時とともに古くなってしまいます。ハードウェアをモジュールごとに分け、パソコンのようにソフトウェアをアップデートすることで、世の中の進化に対応し”古くならないクルマ”を目指しました」と語る。

また、開発担当主査の猿渡健一郎氏は「お客様の中には、タッチパネルで操作ができる2DINタイプのナビを付けたいという方もいらっしゃいます。しかし、タッチパネルの操作はディスプレイを凝視しなければならず、走行中に操作するのは危険です。我々は、危険と考える装備をお客様に勧めることはできません。走行中の安全の為にあえて2DINを排し、目線移動の少ないコマンダー操作が可能なシステムを搭載し、ディスプレイを高い位置に配置しました。このシステムは2DINでは実現不可能だったのです」と説明した。

マツダ アクセラ プロトタイプ《撮影 太宰吉崇》 マツダ アクセラ プロトタイプ《撮影 太宰吉崇》 マツダ アクセラ プロトタイプ《撮影 太宰吉崇》 マツダ アクセラ プロトタイプ《撮影 太宰吉崇》 マツダ アクセラ プロトタイプ《撮影 太宰吉崇》 マツダ アクセラ プロトタイプ《撮影 太宰吉崇》 マツダ アクセラ プロトタイプ《撮影 太宰吉崇》 マツダ アクセラ プロトタイプ《撮影 太宰吉崇》 マツダ アクセラ プロトタイプ《撮影 太宰吉崇》 マツダ アクセラ プロトタイプ《撮影 太宰吉崇》 マツダ アクセラ プロトタイプ《撮影 太宰吉崇》 マツダ アクセラ プロトタイプ《撮影 太宰吉崇》 マツダ アクセラ プロトタイプ《撮影 太宰吉崇》 マツダ アクセラ プロトタイプ《撮影 太宰吉崇》 マツダ アクセラ プロトタイプ《撮影 太宰吉崇》 マツダ アクセラ プロトタイプ《撮影 太宰吉崇》 マツダ アクセラ プロトタイプ《撮影 太宰吉崇》 マツダ アクセラ プロトタイプ《撮影 太宰吉崇》 マツダ アクセラ プロトタイプ《撮影 太宰吉崇》 マツダ アクセラ プロトタイプ《撮影 太宰吉崇》 マツダ アクセラ プロトタイプ《撮影 太宰吉崇》 マツダ アクセラ プロトタイプ《撮影 太宰吉崇》 マツダ アクセラ プロトタイプ《撮影 太宰吉崇》 マツダ アクセラ プロトタイプ《撮影 太宰吉崇》 マツダ アクセラ プロトタイプ《撮影 太宰吉崇》 マツダ アクセラ プロトタイプ《撮影 太宰吉崇》 マツダ アクセラ プロトタイプ《撮影 太宰吉崇》 マツダ アクセラ プロトタイプ《撮影 太宰吉崇》 マツダ アクセラ プロトタイプ《撮影 太宰吉崇》