ジョンソンの家族《写真提供:Getty Images》

NASCARは9月6日、シリーズのポイントリーダーであるジミー・ジョンソンが、この日の午前2時2分に2人目の娘リディア・ノリスが誕生したため、リッチモンドの予選を欠場し、代わりにレーガン・スミスが彼のNo.48の車を運転することを発表した。

ジョンソンの所属するヘンドリック・モータースポーツは、9月7日にリッチモンド・インターナショナル・レースウェイで行われる決勝レースにはジョンソンが復帰することを予定しているが、ここまでの経過はほぼ予定通りに進んでいるとのことである。

クルーチーフのチャド・クナウスは、「ジミー(ジョンソン)は、この瞬間を妻のチャニ(チャンドラ)と楽しんでいる。彼はここ(リッチモンド)に居たいと言ったが、昨晩彼と話した後、デイオフを取ってチャニと時間を過ごす方がより理屈に合っているという感じがした。明日の決勝レースでは、彼はリフレッシュされているだろう」と語った。

しかし、予選ドライバー(レーガン・スミス)が決勝レースで変更された場合は、ジョンソンのNo.48の車が土曜日の夜に最後尾からスタートすることを意味する。

ジョンソンの家族《写真提供:Getty Images》 妹のリディア・ノリスを抱くジェネビーブ・マリエ《写真提供:Jimmie Johnson》