ケニア市場に投入した大型トラックFJ

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は、アジア・アフリカ向け戦略車「FUSO」トラックをケニアで初公開した。

今回発表したFUSOトラックは、Daimler India Commercial Vehicles(DICV社)で生産したもので、大型トラック『FJ』を9月6日から8日、ケニア首都ナイロビで開催されている東アフリカ最大規模の「トータルケニアモーターショー2013」にて公開した。近日中にスリランカ市場においても発表する予定。

大型トラックFJは、今後MFTBCの販売ネットワークを通じ、アジアやアフリカ地域15か国へ輸出、販売する予定。

アジア・アフリカ向けのFUSOトラックは、車両総重量9〜16トンの中型トラック「FA」、「FI」および車両総重量または連結車両総重量25〜49トンの大型トラック「FJ」、「FO」、「FZ」の5機種で構成。インド南部のチェンナイの近郊に位置するDICVオラガダム工場で生産している。