ホンダ フィット新型発表のようす《撮影 土屋篤司》

ホンダの峯川尚専務執行役員は9月5日に発表した新型『フィット』の国内月販目標1万5000台について「先代、先々代からの代替をベースに考えていくと、これぐらいの線は絶対いけるだろうという台数」との考えを示した。

峯川専務は同日、千葉県浦安市で開いた発表会で一部報道陣に対し「累計で200万台、フィットを(国内で)売っている。今回、我々が新型を出すにあたって過去のお客様を分析したところ、まだ初代フィットに乗られている方もおられるし、2代目の方もかなりおられる」と説明。

「そういう方々からの代替をベースに考えていくと、これぐらいの線は絶対いけるだろう。やはりホンダtoホンダの方々で5〜6割くらいを維持したい。それぐらいの商品になっている」とも述べた。

また競合車について「(トヨタ自動車)『アクア』とは全く違うハイブリッドシステムで、それぞれが良い燃費を出しているということで、よりハイブリッドのマーケットが活性化すると思う。そこでお互い切磋琢磨し、我々も頑張っていきたい」と述べた。

ホンダ 新型 フィット 発表会《撮影 小松哲也》 ホンダ 新型 フィット 発表会《撮影 小松哲也》 ホンダ 新型 フィット 発表会《撮影 小松哲也》 ホンダ 峯川尚専務執行役員《撮影 小松哲也》 ホンダ 新型 フィット 発表会《撮影 小松哲也》 ホンダ 新型 フィット 発表会《撮影 小松哲也》 ホンダ 峯川尚専務執行役員《撮影 土屋篤司》 ホンダ フィット新型発表のようす《撮影 土屋篤司》 ホンダ フィット ハイブリッド《撮影 小松哲也》 ホンダ フィット ハイブリッド《撮影 太宰吉崇》 ホンダ フィット ハイブリッド《撮影 太宰吉崇》