VW ゴルフ 1.4TSI《撮影 諸星陽一》

日本自動車輸入組合が発表した8月のブランド別輸入車新規登録台数によると、フォルクスワーゲンが前年同月比24.0%増の4347台で8か月連続トップとなった。

2位のメルセデス・ベンツは同36.1%増の4122台。日産を抜いて、3位には同20.7%増の3129台のBMWが入った。

8月の輸入車販売台数ランキング上位10ブランドは以下の通り(カッコ内は前年同月比)。

1位:フォルクスワーゲン 4347台(24.0%増)
2位:メルセデス・ベンツ 4122台(36.1%増)
3位:BMW 3129台(20.7%増)
4位:日産 2580台(4.5%減)
5位:アウディ 1949台(13.1%増)
6位:ボルボ 1671台(49.3%増)
7位:トヨタ 1073台(28.3%減)
8位:BMW MINI 1055台(7.5%減)
9位:三菱 670台(51.9%減)
10位:フィアット 468台(4.1%減)

メルセデスベンツ・Eクラスクーペ《撮影 内田俊一》