フォード クーガ「タイタニアム」《撮影 太宰吉崇》

フォードのグローバル戦略車というだけあり、中身を『フォーカス』と共有するなどいろいろな工夫のあとが見える。

なので、乗ると意外といい。“意外と”というのは国産車を含めた一般的コンパクトSUVのイメージからすると、というニュアンス。今回の試乗は箱根ターンパイクを走ったので、コーナリングも楽しく走れた。

イメージとしてはクセがないといった感じ。ステアリングはニュートラルで電動パワステのチューニングもリニアなところが好きだ。基本軽めだが切っていくとじわじわと重くなる。

乗り心地も多少ピッチンクを感じる場面もあったが、平均的に悪くない。好みとしてはもう少ししっとりしていてもいいが、キャラクター的に若干スポーティに振っている。後席に人を乗せて走ったが、彼曰く悪くないそうだ。

ただ、ドラポジが少々ミニバン的なのが気になる。走りがよければなおさら。パッケージングの問題なのだろうか。クラッシャブルゾーンを確保するためエンジンをなるべく運転席側にセットし、ドラポジがピラーより後方になった。もちろん、しばらくすると慣れるのだが、もっと攻めのポジションだとよりよく感じられたに違いない。

それとプライスが少々高めの気がする。装備がいいのは嬉しいが、あと少しがんばればこのクラスがグッと輝きそうだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★


九島辰也|モータージャーナリスト
東京・自由が丘出身。新車のインプレッションから海外ブランドのヒストリー、カーカルチャーまで幅広く活動。特に英国車、英国文化に造詣が深い。趣味はゴルフとマリンスポーツ。日本葉巻協会員。

九島辰也 フォード クーガ 内装《撮影 太宰吉崇》 フォード クーガ「タイタニアム」《撮影 太宰吉崇》 フォード クーガ「タイタニアム」《撮影 太宰吉崇》 フォード クーガ「タイタニアム」《撮影 太宰吉崇》 フォード クーガ「タイタニアム」《撮影 太宰吉崇》 フォード クーガ 内装《撮影 太宰吉崇》 フォード クーガ 内装《撮影 太宰吉崇》 フォード クーガ 内装《撮影 太宰吉崇》 フォード クーガ《Photo:Ford Japan》 フォード クーガ《Photo:Ford Japan》