トヨタ・SAI《撮影 内田俊一》

大幅にマイナーチェンジしたトヨタ『SAI』は、高級ハイブリッドセダンに乗るユーザーの期待を超えるクルマにしようとデザインされた。

そう話すのはトヨタ自動車デザイン本部トヨタデザイン部主任の久保興介さん。「2009年に発売されたSAIは、ハイブリッド車が少なかったこともあり、モノフォルムにすることで先進性をシンプルに見せるようにデザインしました」と振り返る。

発売から4年経過し現在は多くのハイブリッド車が販売されるに至った。そこで、「次のSAIは、高級ハイブリッドセダンに乗るユーザーの期待を超えるクルマにするためには、どうデザインすればいいかを考えました」と話す。その結果、「ダイナミックさやエレガントさを随所に盛り込むことで、個性をもっと強めたSAIにしてやろうという強い気持ちになりました」という。

具体的には、フロント中央のトヨタエンブレムからサイドショルダーを通りリアに至るまで線が途切れずつながっているデザインにした。「従来のSAIはモノフォルムを見せるために線をつなげていませんでしたが、今回は線をつなげて、なるべく目で追っていったときに線が途切れないようにしました。SAIのヘッドランプは象徴的ですが、実は目線が途切れないようにするためなのです」と述べる。

目線が途切れないことによる効果は、「長くダイナミックに見せるようにしました。それがエレガントさにもつながるのではないかと考えたのです」と語った。

トヨタ・SAI《撮影 内田俊一》 トヨタ・SAI《撮影 内田俊一》 トヨタ・SAI《撮影 内田俊一》 トヨタ・SAI《撮影 内田俊一》 トヨタ・SAI《撮影 内田俊一》