A.J.アルメンディンガー《写真提供:Getty Images》

NASCARは8月31日、A.J.アルメンディンガーがボビー・ラボンテに代わり、2014年度のJTGドハティ・レーシングからスプリントカップへのフル参戦が決定した事を伝えた。

来年のデイトナ500での開幕戦から、アルメンディンガーはNASCARのトップレベルのレースにフルタイムで出場することとなる。

「僕は今までで、最も準備ができていると感じている。いかなる機会が訪れても、精神的、肉体的、感情的に用意を整え、レースに自分の持つ全てを注ぐ」と彼は語った。

トヨタのエンジンを採用しているシングルカーのチームであるJTGドハティは、次のシーズンのマニュファクチャーをまだ発表してはいない。

アルメンディンガーはいくつかの他のチームとも話をしたことを認めたが、彼のJTGドハティとのサインを決定付けたのは、ロジャー・ペンスキーがこのチームに持つ信頼だと考えられている。

アルメンディンガーはペンスキーの為に、今シーズンのネーションワイドシリーズで2度の勝利を獲得し、インディアナポリス500への出場も果たしたことで、このオーナーとの関係をさらに深くした。

A.J.アルメンディンガー《写真提供:Getty Images》 A.J.アルメンディンガー《写真提供:Getty Images》 A.J.アルメンディンガー《写真提供:Getty Images》