チップ・ガナッシ氏とパブロ・モントーヤ《写真提供:Getty Images》

NASCARは8月30日、アーンハート・ガナッシ・レーシングの2014年度No.42のシートはカイル・ラーソンが獲得したことを発表した。が、オーナーのガナッシ氏はチームを去るパブロ・モントーヤに対してドアを閉ざしていない事を明らかにした。

ガナッシ氏は2つのスプリントカップの車に加え、テレサ・アーンハートの共同オーナーであり、さらに3つのインディカーのエントリーなど多くの機会を所持している。

「ドアが閉ざされたとは言わない。ドアは過去に一緒に働いた人達に対して閉ざされたことは無い。ドラバー達は去り、そしてまた戻って来る」とガナッシ氏は語った。

アーンハート・ガナッシ・レーシングの来シーズンのNo.1ドライバーとして契約を更新したジェイミー・マクマーレイも、このチームから一度は離れ、復帰した1人である。

チップ・ガナッシ氏とパブロ・モントーヤ《写真提供:Getty Images》 左からチップ・ガナッシ氏、ダリオ・フランキッティ、スコット・ディクソン、パブロ・モントーヤ《写真提供:Getty Images》 チップ・ガナッシ氏とパブロ・モントーヤ《写真提供:Getty Images》