JAFみんなのエコ川柳

JAF(日本自動車連盟)は、身近なエコをテーマとする「JAFみんなのエコ川柳」を9月1日から2014年1月15日まで募集する。

エコに関するできごとや想い、心がけていること、クルマにまつわるエコなど、日常生活の中から生まれた楽しい川柳を広く募集する。

「JAFみんなのエコ川柳」は2006年にスタートし、今年で8回目。年々関心が高まり、昨年は過去最多の1万4501句の応募があったという。同イベントは、エコ意識の啓発を図り、自然保護など環境保全に関心を持ってもらい、そのためにできることを考えるきっかけになることを目的に実施している。

優秀な作品には「大賞」「ECOティーン賞」「ECOキッズ賞」などの賞が贈られる。作品の選考は、川柳作家のやすみりえ氏(審査委員長)やエッセイストの三好礼子氏をはじめとする審査委員によって行われる。今回は入賞作品をこれまでの20点から51点へ増やし、「OLYMPUS PEN E−P5レンズキット+電子ビューファインダー」などの賞品を用意した。

選考結果は、2014年5月にJAFMate誌上およびJAFホームページで発表する。また、大賞作品は全国各地でJAFが開催するエコイベントで配布する「エコ扇子」に掲載する予定。