新型 BMW X5 のM50d

ドイツのBMW本社は8月30日、新型『X5』の「M50d」グレードの概要を明らかにした。実車は9月、ドイツで開催されるフランクフルトモーターショー13で初公開される。

「M50d」は、欧州向けの新型X5に用意される「M」の名前を冠した高性能ディーゼルグレード。先代X5のM50dは2012年3月、ジュネーブモーターショー12で発表。BMWの高性能車部門、M社が立ち上げた「Mパフォーマンスオートモビルズ」からの登場。『M3』や『M5』など、ガソリンエンジンのハイパフォーマンスモデルを数多く送り出してきたM社が、そのノウハウを今度はディーゼルエンジンに注ぎ込んだ。

今回、BMWが発表した新型X5のM50dグレードも、直噴3.0リットル直列6気筒ターボディーゼルエンジンを継続搭載。1個の大容量ターボ、2個の小型ターボという3個のターボチャージャーで過給されており、最大出力381ps、最大トルク75.5kgm引き出す。

トランスミッションは8速AT、駆動方式は4WDの「xドライブ」。新型X5のM50dグレードは、0‐100km/h加速5.3秒、最高速250km/h(リミッター作動)の実力。ボディの軽量化の効果もあって、0‐100km/h加速は先代よりも0.1秒速い。

また、欧州複合モード燃費は14.9km/リットル、CO2排出量は177g/km。BMWは、「燃費は先代比で10%以上向上した」と説明している。

新型 BMW X5 のM50d 新型 BMW X5 のM50d 新型 BMW X5 のM50d 新型 BMW X5 のM50d 新型 BMW X5 のM50d 新型 BMW X5 のM50d 新型 BMW X5 のM50d 新型 BMW X5 のM50d