シボレー・セイル

米国の自動車最大手、GMは8月28日、2013年の中国市場における新車販売が、過去最速で200万台に到達したと発表した。

2012年、GMの中国新車販売が200万台に届いたのは、9月21日。2013年は昨年よりも、およそ1か月速いペースでの200万台達成となる。

GMは2010年、グローバル自動車メーカーとして初めて、中国新車販売が200万台に到達。それ以降、4年連続での200万台超えという記録を打ち立てた。

2013年1-7月累計販売は、前年同期比10.7%増178万8972台と過去最高。その内訳は、上海GMが前年同期比16.2%増の85万6128台。SAIC‐GMが6.3%増の89万7357台だった。

すでにGMは2016年までに、中国におよそ110億ドルを投資する計画を発表済み。GMチャイナのボブ・ソシア社長は、「GMは中国市場に新車投入を続ける。これは顧客の需要への対応であり、GMにとっての最大市場でのさらなる前進を目指すもの」とコメントしている。