新型『キャリイ』発表会《撮影 池原照雄》

スズキは、軽トラック『キャリイ』をフルモデルチェンジし、9月20日より発売する。鈴木修会長兼社長は8月29日の発表会見で、1961年に発売された初代モデルに関わり、「モノづくりの大変さを学んだ」と振り返った。

鈴木会長とキャリイの接点は「入社2年目の30歳の時」で工場建設委員長を任命されたという。「右も左も分からなかったモノづくりを経験した。今日、工場の監査などをしているが、その時の経験がプラスになっている」と半世紀余り前の経営者としての原点のエピソードを紹介した。

このところ国内販売の4割強を占めて人気の軽自動車だが「実は軽の3分の1はトラック」としたうえで、「軽トラックは農林水産業の方や小売業の方などに使われ続ける隠れたベストセラー」ともアピールした。

新型『キャリイ』発表会《撮影 池原照雄》 スズキ・キャリイ スズキ・キャリイ スズキ・キャリイ スズキ・キャリイ