【ボルボ 2014年モデル 発表】2014年のキャッチフレーズは“進化は顔に出る”《撮影 内田俊一》

ボルボ・カー・ジャパンが発表した2014年モデルのキャッチフレーズは“進化は顔に出る”だという。

2014年モデルのエクステリアとインテリアはボルボ始まって以来、最大規模のイヤーモデルの変更だと述べるのは、同社マーケティング部ディレクターの若林敬市氏。「通常イヤーモデルは、若干の手直しやファインチューニングにとどまりますが、今回の6車種(S60/V60/XC60/V70/XC70/S80)は4000か所以上に手が入り、大きく変更しているのです」と述べ、エクステリアが変わっていないボルボ2014年モデルは『V40』と『XC90』のみだとする。

特に大きく変更されたのはフロント周りだ。『S60』と『V60』は水平基調とし、「ヘッドライトの形を変え、グリルとヘッドライトの間にあったDNAライトを廃止し、よりワイドなグリルを採用することで、(横方向に広がり感を持たせ)低く構えるようなワイドなデザインになっていると思います」と話す。さらにバンパー下部にLEDポジショニングライトを横長に配置することで、低重心で安定感のあるスタイルを強調している。

『XC60』については、「競合他車と一線を画し、ワイド化されフレームレスとなったグリルと、ボルボのアイアンマークを大型化することにより、スポーティで動的な緊張感を表現しています。また、ボディの下部をボディと同色とし、よりエレガントでより都会的なイメージを表現しています」と若林氏。LEDポジショニングライトは縦方向に装着されることで、SUVらしい逞しさを感じさせているとする。

最後に若林氏は、ボルボ2014年のキャッチフレーズは“進化は顔に出る”だとし、「人間も成長していくと、その成長度合いが皺に出ます。ボルボは皺ではなく、洗練された格好のいい顔に仕上がったと思います」と自信を見せた。

【ボルボ 2014年モデル 発表】2014年のキャッチフレーズは“進化は顔に出る”《撮影 内田俊一》 【ボルボ 2014年モデル 発表】2014年のキャッチフレーズは“進化は顔に出る”《撮影 内田俊一》 【ボルボ 2014年モデル 発表】2014年のキャッチフレーズは“進化は顔に出る”《撮影 内田俊一》 【ボルボ 2014年モデル 発表】2014年のキャッチフレーズは“進化は顔に出る”《撮影 内田俊一》 【ボルボ 2014年モデル 発表】2014年のキャッチフレーズは“進化は顔に出る”《撮影 内田俊一》 【ボルボ 2014年モデル 発表】2014年のキャッチフレーズは“進化は顔に出る”《撮影 内田俊一》 【ボルボ 2014年モデル 発表】2014年のキャッチフレーズは“進化は顔に出る”《撮影 内田俊一》 【ボルボ 2014年モデル 発表】2014年のキャッチフレーズは“進化は顔に出る”《撮影 内田俊一》 【ボルボ 2014年モデル 発表】2014年のキャッチフレーズは“進化は顔に出る”《撮影 内田俊一》 【ボルボ 2014年モデル 発表】2014年のキャッチフレーズは“進化は顔に出る”《撮影 内田俊一》 【ボルボ 2014年モデル 発表】2014年のキャッチフレーズは“進化は顔に出る”《撮影 内田俊一》