フォルクスワーゲン e-up!

欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲンは8月27日、『e-up!』の市販モデルを、9月にドイツで開催されるフランクフルトモーターショー13で初公開すると発表した。

e-up!は、フォルクスワーゲンの新世代コンパクトカー、『up!』をベースにしたEV。シティカーに相応しく、高効率なEVパワートレインを搭載する。

EVパワートレインは、モーターが最大出力82ps、最大トルク21.4kgm。二次電池は、蓄電容量18.7kWhのリチウムイオンバッテリーを組み合わせる。動力性能は、0-100km/h加速12.4秒、最高速130km/h(リミッター作動)。1回の充電で最大160km走行可能。急速チャージャーを使えば、80%のバッテリー容量を30分で充電できる。

フォルクスワーゲンによると、e-up!が100km走行するのに必要な電気代は、3ユーロ(約390円)。フォルクスワーゲンは、「e-up!は世界最高の効率性」とコメントしている。

フォルクスワーゲン e-up!