光岡 ・ビュート《撮影 内田俊一》

8月28日、光岡ビュートがマイナーチェンジした。新色の追加が主で、ユーザーにビュートをこれまで以上に楽しんでもらうことが目的だという。

同社事業部開発課課長の青木孝憲さんは、「ご愛顧いただけるユーザーに対して、新色のボディカラーの追加などで、よりビュートを楽しんでもらえるようなマイナーチェンジになっています」と話す。

ビュートのデザインについて青木さんは、「クラシカルでキュートなデザインが特徴で、女性であればバックなどのように自分の女性らしさを何倍にも引き立ててくれるような雰囲気。男性であれば自分の個性を主張、表現できるようなデザインです」という。

また、製造過程においては、「富山にある小さな工場で職人一人一人が、一工程ずつ手作業で気持ちを込めて作っており、時代や流行に左右されないクルマ作りというのは光岡自動車の理念でもあります」とし、「単なる自動車という道具から、命のある宝物へと作り続けることこそが、我々は時代を超えた価値観があるのではないかと信じて手作りで作り続けているのです」と述べる。

購入ユーザーからのコメントとして、「納車までのワクワク感というのはまるで赤ちゃんがおなかにいるようだったとか、褒められてうれしいのはメカニカルな部分よりも、センスや品の良さなど、現代の自動車にはない暖かい部分をユーザーから支援してもらっています」と語った。

光岡 ・ビュート《撮影 内田俊一》 光岡 ・ビュート《撮影 内田俊一》 光岡 ・ビュート《撮影 内田俊一》 光岡 ・ビュート《撮影 内田俊一》 光岡 ・ビュート《撮影 内田俊一》 光岡 ・ビュート《撮影 内田俊一》 光岡 ・ビュート《撮影 内田俊一》 光岡 ・ビュート《撮影 内田俊一》 光岡 ・ビュート《撮影 内田俊一》 光岡 ・ビュート《撮影 内田俊一》 光岡自動車事業部開発課課長の青木孝憲さん《撮影 内田俊一》