ボルボ 60シリーズ2014年モデル《撮影 内田俊一》

ボルボ・カー・ジャパンから発売された2014年モデルのポイントは3つあり、デザイン一新、アドバンスト・セーフティの進化、ラインナップの強化だという。

デザインに関して同社マーケティング部ディレクターの若林敬市氏によると、すべてを上質に仕上げたとし、「ボルボの祖国であるスウェーデンのスカンジナビアンデザインで、シンプル、機能的で、美しいデザインをさらに進化させました。特に60シリーズ(S60、V60、XC60)は大幅な変更をしています」と話す。具体的にはフロント周りの変更が大きく、ヘッドライトの形状変更や、ヘッドライトとグリルの間にあったDNAライトを廃する代わりにフロントグリルを大型化。低い位置に配された横方向に伸びるLEDポジションライトにより、低重心感を強調する。

アドバンスト・セーフティの進化は、シティセーフティの作動範囲を時速30kmから50kmへ引き上げるとともに、サイクリスト検知機能やフルアクティブハイビーム(60シリーズ)を採用するなどで、より安全性の向上を図っている。

ラインナップの強化について若林氏は、「上級車種である『S80』、『XC90』にエグゼグティブというトップオブザラインのグレード体系を作りました。トップグレードを設けることでよりブランドを強化していきたいと考えています」と述べた。

ボルボ S60《撮影 内田俊一》 ボルボ S60《撮影 内田俊一》 ボルボ S60《撮影 内田俊一》 ボルボ S60《撮影 内田俊一》 ボルボ S60《撮影 内田俊一》 ボルボ S60《撮影 内田俊一》 ボルボ V60《撮影 内田俊一》 ボルボ V60《撮影 内田俊一》 ボルボ V60《撮影 内田俊一》 ボルボ V60《撮影 内田俊一》 ボルボ V60《撮影 内田俊一》 ボルボ V60《撮影 内田俊一》 ボルボ XC60《撮影 内田俊一》 ボルボ XC60《撮影 内田俊一》 ボルボ XC60《撮影 内田俊一》 ボルボ XC60《撮影 内田俊一》 ボルボ XC60《撮影 内田俊一》