ボルボ 2014年モデル《撮影 橋本隆志》

8月27日、ボルボは2014年モデルの販売を開始した。全8モデル中6モデルが対象となり、安全性能やデザインなど全モデルの変更箇所は合計4000以上と、マイナーチェンジながら大幅な改良が施された。

特に大がかりな改良が施されたのが『V60』『S60』だ。開発サイクルは異なるが、デジタル液晶メーターパネルやより高性能なレーダー式BLISなど現在『V40』に採用中の技術を導入した部分もあるという。今年2月に発売したV40の受注台数は7500台を超える。2014年モデルも前倒しで発売される運びとなった。

マーケティング部・広報室長の赤堀淳氏は「日本での販売好調を受けて、市場に対する期待度が上がった。以前よりも日本のポジションを意識するようになっている」と話す。

また、今回はラインアップの装備レベルを見直し、新グレード「T4 SE」も追加。「これまではパッケージが細かくなりすぎている部分があったが、選択肢が多すぎるとかえって選びにくくなってしまう。例えばSEに標準装備されているナビゲーションは、今回導入されたデジタル液晶メーターパネルと連動して曲がり角を随時表示することが可能なので、とてもメリットのあるもの。実際に付けている人がほとんど、というものをまとめて分かりやすくした」と赤堀氏。

さらに「エンジンや燃費性能など数値的な変化はないが、我々は走りのクオリティも上がったと感じている。ターボの効き方、変則の仕方が洗練され、重厚感のある足回りになった。従来より要望を受けていたパドルシフトも採用しているので、実際に確かめてもらいたい」と語った。

デジタル液晶メーターパネル(ボルボ 2014年モデル)《撮影 橋本隆志》 ボルボ S60 2014モデル《撮影 橋本隆志》 レーダー式BLISを採用(ボルボ 2014年モデル)《撮影 橋本隆志》 ボルボ 2014年モデル《撮影 橋本隆志》 レーダー式BLISを採用(ボルボ 2014年モデル)《撮影 橋本隆志》 デジタル液晶メーターパネル(ボルボ 2014年モデル)《撮影 橋本隆志》 デジタル液晶メーターパネル(ボルボ 2014年モデル)《撮影 橋本隆志》 初採用のパドルシフト(ボルボ 2014年モデル)《撮影 橋本隆志》 初採用のパドルシフト(ボルボ 2014年モデル)《撮影 橋本隆志》 ボルボ XC60 2014年モデル《撮影 橋本隆志》 ボルボ XC60 2014年モデル《撮影 橋本隆志》 ボルボ XC60 2014年モデル《撮影 橋本隆志》 ボルボ XC60 2014年モデル《撮影 橋本隆志》 ボルボ XC60 2014年モデル《撮影 橋本隆志》 ボルボ XC60 2014年モデル《撮影 橋本隆志》 ボルボ XC60 2014年モデル《撮影 橋本隆志》 ボルボ V60 2014年モデル《撮影 橋本隆志》 ボルボ V70 2014年モデル《撮影 橋本隆志》 ボルボ V60 2014年モデル《撮影 橋本隆志》 ボルボ V60 2014年モデル《撮影 橋本隆志》 ボルボ V60 2014年モデル《撮影 橋本隆志》 ボルボ V60 2014年モデル《撮影 橋本隆志》 ボルボ V60 2014年モデル《撮影 橋本隆志》 ボルボ V60 2014年モデル《撮影 橋本隆志》 ボルボ V60 2014年モデル《撮影 橋本隆志》 ボルボ V60 2014年モデル《撮影 橋本隆志》 ボルボ V60 2014年モデル《撮影 橋本隆志》 ボルボ S60 2014年モデル《撮影 橋本隆志》 ボルボ V60 2014年モデル《撮影 橋本隆志》