日産 マーチ G 2WD《撮影 島崎七生人》

“アングルドストラットグリル”がついただけで“顔”がサマになった。『サファリ』などで見慣れたモチーフを採用した新しい『マーチ』は、それだけより日産車らしく見えるのだから、不思議なものである。

グリルが上下2段構成なのは従来どおり。さてはバンパーだけ一新(=前後とも。コーナープロテクターが消滅したのは残念)か!?と思いきや、さにあらずヘッドランプも形状変更、少し表情を変えた(オーテックのボレロもバンパーが新しい?)。ファッション用語で、こういうのがマニッシュ? リヤコンビランプの意匠、ハイマウントストップランプ(光源をLED化)など、それとなく、確かに、上質感を高めている。撮影車のボディ色は新色で「ナデシコピンク」と呼ぶのだそう。

室内では写真の「プラム」が新設定色。いうまでもないが女性ユーザーが似合いそうだ。ほかにインパネのセンターパネル部が丸ごと作り替えられたり、各部にシルバーの加飾パーツが入るなど、従来車の物寂しさが解消された。同パネルは「G」グレードなら、艶のあるピアノブラックになる。トリム色が明るいナチュラルグレー内装の場合も、メーターバイザー&インストアッパーボックス部の樹脂色は、濃い色に合わせるように変更され、かなり落ち着いた雰囲気に。

スペックはカタログを当たると「G」(と「X、同Vセレクション」)のJC08モード燃費が0.4km/リットル向上し23.0km/リットルに。「G」グレードは車重が10kg軽くなっている。3000km+の下ろしたばかりの試乗車は、足もエンジンもまだ“若い”感じながら、走りっぷりはほぼ従来車どおり。乗り心地の重厚感、街中での出足の力強さ、アイドリングストップの作動頻度などが、それぞれ僅かずつ増したかな…と思えた。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

日産 マーチ G 2WD《撮影 島崎七生人》 日産 マーチ G 2WD《撮影 島崎七生人》 日産 マーチ G 2WD《撮影 島崎七生人》 日産 マーチ G 2WD《撮影 島崎七生人》 日産 マーチ G 2WD《撮影 島崎七生人》 日産 マーチ G 2WD《撮影 島崎七生人》 日産 マーチ G 2WD《撮影 島崎七生人》