プジョー 208 ハイブリッドFE

フランスの自動車大手、プジョーは8月27日、『208 ハイブリッドFE』の概要を明らかにした。実車は9月、ドイツで開催されるフランクフルトモーターショー13で初公開される。

同車は、プジョーの主力コンパクトカー、『208』をベースに開発したハイブリッドコンセプトカー。2013年3月のジュネーブモーターショー13では、モックアップのみの技術展示という形で出品されていた。フランクフルトモーターショー13では、実車がベールを脱ぐ。

208ハイブリッド FEには、プジョーとフランスに本社を置く大手総合石油エネルギー企業、トタル(TOTAL)が共同開発したハイブリッドシステムを搭載。車名のFEとは、「フューエル・エコノミー」と「ファン・エフィシエント」の略。

ハイブリッドシステムは、エンジンが1.2リットル直列3気筒ガソリンで、最大出力68psを発生。モーターは最大出力40ps。バッテリー(二次電池)は、蓄電容量0.56kWhのリチウムイオンバッテリー。低転がり抵抗タイヤやエアロパーツなど、走行抵抗の低減が図られた。

また、トタルが開発した複合素材により、軽量化も推進。ホワイトボディの単体重量は通常の208の295kgから、227kgへ、68kgの軽量化を実現した。プジョーは208ハイブリッド FEについて、「0‐100km/h加速8秒の動力性能と、CO2排出量49g/kmの環境性能を両立」と説明している。

プジョー 208 ハイブリッドFE プジョー 208 ハイブリッドFE