ルノー・カングー ゼン《撮影 内田俊一》

9月28日より販売が開始される新型ルノー『カングー』は、これまでのモノグレードから、2グレード体制での導入となる。

グレード名「ゼン」(フランス語で冷静、落ち着きの意)は、これまで導入されていたものと同じ仕様で、オートエアコンやオートワイパーをはじめ、ボディ同色のバンパーなどが装着される。そして、今回新たに導入される「アクティフ」について、ルノー・ジャポンマーケティング部商品・広報グループチーフマーケティングマネージャー のフレデリック・ブレンさんは、「フランス語で活発、活動的という意味で、カングージャンボリーなどのユーザーイベントでの声から、ニーズや要望が強いことから導入に至りました」と話す。

具体的にはブラックフロント/リアバンパーやマニュアルエアコンなど装備を簡素化することで、ゼンよりも価格を20万円下げ214万8千円とした。ブレンさんは「イベントでカングーを見ると、何かしら手が入っており、ユーザー一人一人がクリエーターだと感じました。そこでアクティフは、豊富なアクセサリーなどで、自分なりのライフスタイルに合ったマイカングーが作れるように導入したのです」と経緯を述べる。

カングーはルノー・ジャポンの販売台数のうち6割弱を占めており、そのうち7割をゼンが、残り3割がアクティフになると予想している。ブレンさんによると、「ルノーブランド以外からの新規ユーザーはゼンを購入すると考えています。黒バンパーなどのベーシックな装備のアクティフは、カングーユーザーや、他のルノー車ユーザーの方が理解しやすく、道具感を持ってカジュアルに使いこなせると思うのです」とし、ルノー(全体)からカングーへの代替率は2割程度であることから、「アクティフは少し多めの3割と見積もりました」と語った。

ルノー・カングー ゼン《撮影 内田俊一》 ルノー・カングー ゼン《撮影 内田俊一》 ルノー・カングー ゼン《撮影 内田俊一》 ルノー・カングー ゼン《撮影 内田俊一》 ルノー・カングー アクティフ《撮影 内田俊一》 ルノー・カングー ゼン《撮影 内田俊一》 ルノー・カングー アクティフ《撮影 内田俊一》 ルノー・カングー ゼン《撮影 内田俊一》 ルノー・カングー アクティフ《撮影 内田俊一》 ルノー・カングー アクティフ《撮影 内田俊一》 ルノー・カングー ゼン《撮影 内田俊一》