22日午後7時30分ごろ、静岡県静岡市清水区内にある機械式の立体駐車場で、クルマを載せたパレットが回転し、クルマに乗り込もうとしていた45歳の女性が足を挟まれて軽傷を負う事故が起きた。81歳の男性作業員が操作を誤ったことが原因とみられる。

静岡県警・清水署によると、現場は静岡市清水区草薙1丁目付近にある市営の立体駐車場。45歳の女性は出庫させるためにパレット上に置かれていたクルマに乗り込もうとしたが、パレットが突然回転。転倒し、パレットと床の間に足を挟まれる状態となった。

地元消防が救助活動を行い、女性は足を打撲するなどの軽傷。警察は出入庫を担当していた81歳の男性従業員が操作を誤ったものとみて、業務上過失傷害容疑で事情を聞いている。

この駐車場は3階建て。クルマは横向きに収容されており、運転者が乗り込んだ後にパレットを90度回転させて出庫する構造になっていた。通常は運転者が乗り込んだ後にパレットの向きを変える操作を行うが、警察では従業員が乗り込みを確認しないまま操作したことが事故につながったものとみて、発生の経緯を詳しく調べている。