トヨタ、カイル・ブッシュ《画像 Getty Images》

8月23日、NASCARネイションワイド・シリーズの第23戦「Food City 250」がブリストル・モーター・スピードウェイで開催された。

今大会は全てのスケジュールが23日に行われた。9時より2時間50分にわたる練習走行を経て、15時40分から予選開始。カイル・ブッシュが今季6度目となるポールポジションを獲得。ブライアン・ヴィッカーズが9番手、パーカー・クリガーマンが10番手につけ、15台の“トヨタ カムリ"が決勝へと進んだ。

予選に続き、19時45分、0.533マイルショートオーバルを250周(133.25マイル:約214km)して競われる決勝レースがスタート。アウトサイドを選択したポールポジションのカイル・ブッシュは、得意のスタートダッシュを決めると、後続を引き離していった。

イエローコーションの出ない序盤戦、周回毎に後続との差を広げて行ったKy.ブッシュは、60周目過ぎには2位に6秒以上の差を付け、1周16秒程のショートオーバルで、自身のチームで走るクリガーマンも周回遅れに。65周目にコース上の異物でこの日初めてのイエローコーションが出されたとき、首位と同一周回は僅か15台となっていた。

このコーションで、首位のKy.ブッシュはコース上に残ったが、2位以下の車両はピットへ。これまで築いたマージンはなくなり、新しいタイヤに交換した後続勢がKy.ブッシュに襲いかかった。しかし、Ky.ブッシュは首位の座を譲ることなく快走。同じカップ・シリーズのレギュラーで昨年のカップ・シリーズ・チャンピオンでもあるブラッド・ケゼロウスキー(フォード)がKy.ブッシュに肉薄し、2人のトップドライバーによるマッチレースとなった。

104周目に元F1ドライバーのネルソン・ピケ・Jr.(シボレー)がスピン。この日2度目のイエローコーションとなり、Ky.ブッシュはピットへ。4本タイヤを交換したKy.ブッシュに対し、2本交換の車両と、ケゼロウスキーが先行し、1台がコース上に残ったため、Ky.ブッシュは4位で再スタート。

狭いコースでの3ワイドバトルから抜け出し、2位へと浮上したKy.ブッシュは、逃げる首位との差をじりじりと詰めていき、129周目に逆転、首位を奪い返した。

153周目、11位を走行していたドリュー・ヘリングがスピンし、内側の壁にクラッシュ。そのイエローからの再スタートしてすぐの166周目には、10位走行中のヴィッカーズが単独スピン。前方にいた周回遅れのクリガーマンを巻き込み、ヘリングとクリガーマンはレースを終えることとなってしまった。

再スタート後は、再び首位を逃げるKy.ブッシュと追うケゼロウスキーの2台が3位以降を大きく引き離す展開となったが、Ky.ブッシュは逃げ切り、トップでチェッカー。今季シリーズ9勝目、水曜日のトラック・シリーズ戦に続きブリストル戦を制した。Ky.ブッシュは250周中228周で首位を走行、首位と同一周回フィニッシュ車両は僅か9台という圧倒的な速さを見せつけた。

次戦第24戦は8月31日、アトランタ・モーター・スピードウェイで行われる。

■第23戦 Food City 250 決勝結果
1位:カイル・ブッシュ トヨタ
2位:ブラッド・ケゼロウスキー フォード
3位:オースティン・ディロン シボレー
4位:ジャスティン・アルゲイヤー シボレー
5位:カイル・ラーソン シボレー
6位:トレバー・ベイン フォード

■ドライバーズポイント
1位:サム・ホーニッシュ・Jr. フォード 801P
2位:オースティン・ディロン シボレー 795P
3位:エリオット・サドラー トヨタ 790P
4位:リーガン・スミス シボレー 777P
5位:ジャスティン・アルゲイヤー シボレー 762P
6位:ブライアン・ヴィッカーズ トヨタ 761P

■マニュファクチャラーズポイント
1位:トヨタ 156P
1位:フォード 156P
3位:シボレー 125P
4位:ダッジ 27P

トヨタ、カイル・ブッシュ《画像 Getty Images》 トヨタ、カイル・ブッシュ《画像 Getty Images》 トヨタ、カイル・ブッシュ《画像 Getty Images》