TRW・新型アンカーシートベルトプリテンショナー「APR1」

TRWオートモーティブ・ホールディングスは、ロータリー方式による新型アンカーシートベルトプリテンショナー「APR1」を発表した。

APR1は車内への実装が容易で、リンク用部品は不要、車内では通常のシートベルトウェビングのみが見える形になる。また3kN以上のプリテンション荷重を実現できるようにデザインされており、衝突の検出から数ミリ秒でシートベルトの一定の緩みをなくすことができる。

TRWでは乗員保護用のシートベルトやエアバッグなど幅広い製品を展開しており、これらの製品とAPR1を組み合わせることによって、衝突時に乗員にかかる負荷を制御し、乗員保護機能をさらに向上させることができる。たとえばTRWのアクティブコントロールリトラクター(ACR)やアクティブバックルリフター(ABL)と組み合わせることで、アクティブセンサーが衝突の危険性を感知すると、衝突前にシートベルトの一定の緩みをなくすことができる。

APR1は、欧州の複数のプラットフォーム向けに2015年に提供開始の予定。