ツイッター社を訪問したドライバー達《写真提供:INDYCAR》

インディカーは8月22日、ソノマ・レースウェイで21日に行われたオープンテストの後、6人のインディカードライバー達が世界をリードするソーシャルネットワークのTwitter社を訪問したことを公表した。

Twitterのフォロワーの数(約60万8000人)でフィールドをリードするトニー・カナーン、エリオ・カストロネベス、セバスチャン・サーベドラ、サイモン・パジェノ、トリスタン・ヴォーティエ、ジョセフ・ニューガーデンが、マーケット・スクエア地域にある本社の建物で落ち合い、施設のツアーやTwitterのプロになる幾つかのアドバイスを受けた。

このツアーはドライバー達をハッシュタグの名が付けられたフードを提供するカフェテリアや、会社の真新しいアイデアが構築される従業員の仕事場に案内した。

ツアーの後にドライバー達は会議室に集まり、スポーツの世界でTwitterがどのようなインパクトを持つかの講義を受けた。そしてドライバー達は自分達のアカウントを管理する上で利用価値のある情報を交換し、「Vine」などのアプリケーションに関して語り合った。

ジョセフ・ニューガーデン《写真提供:INDYCAR》 インディカーのドライバー達のアカウントが登録されたサイト《写真提供:INDYCAR》