アジアクロスカントリーラリーを完走した、三菱・アウトランダーPHEV

三菱自動車は、8月10日から16日までタイ〜ラオスで開催された「アジアクロスカントリーラリー2013」において、、ラリーチーム「ツーアンドフォー モータースポーツ」の『アウトランダーPHEV』が完走を果たしたと発表した。

アジアクロスカントリーラリー2013は、国際自動車連盟(FIA)公認のクロスカントリーラリー。タイのビーチリゾートであるパタヤをスタートし、ラオス南部の都市パクセにゴール。6日間にわたる競技の総走行距離は約2000kmで、山岳路、密林地帯、泥濘路、川渡りなど変化に富み、耐久性と走破性が問われる過酷なコースで競われた。

四輪の参加車は合計20台で、内訳はいすゞ10台、三菱4台、トヨタ3台、スズキ2台、フォード1台。ディーゼルのピックアップが大半を占める中、ラリーチーム「ツーアンドフォー モータースポーツ」は、プラグインハイブリッド車で唯一の参戦となった。アウトランダーPHEVは、初参戦で完走を果たし、総合17位となった。

アウトランダーPHEVは参戦にあたり、ショックアブソーバーとスプリングを変更し、ロールケージやアンダーガードなどを追加。また、川渡りの際に必要な水回りの対策として各部のシーリングを強化し、シュノーケル(排気用ダクト)を装着したが、プラグインハイブリッドEVシステムをはじめ、ハード面では基本的に市販車と同様の仕様で参戦した。

パワートレインやドライブトレインに過度の負荷がかかるクロスカントリーラリーにおいて、プラグインハイブリッドEVシステムはトラブルフリーで信頼性を実証。また、ツインモーター4WDはレスポンスに優れ、S-AWCは高い操縦安定性と走破性を発揮した。

アジアクロスカントリーラリーを完走した、三菱・アウトランダーPHEV