レンジローバー イヴォーク の2014年モデル

英国の高級SUVメーカー、ランドローバーは8月20日、『レンジローバー イヴォーク』の2014年モデルを発表した。

レンジローバー イヴォークの2014年モデルは、内外装には大きな変更は加えられていない。フロントグリルやホイール中央部、テールゲートのランドローバーのエンブレムを、新デザインに変更した程度。

一方、メカニズム面には、いくつかの新技術を導入。従来比で燃費を最大11.4%改善。CO2排出量は最大で9.5%削減している。

環境性能の向上に大きく貢献しているのが、2013年春のジュネーブモーターショー13で披露されたZF製の9速ATの採用。この9速ATは、レンジローバー イヴォークが、乗用車用としては世界初搭載となったうちの1台。優れたレスポンスや燃費、パフォーマンスの向上を追求した。

また、2014年モデルは各種装備も充実。「Park Exit」などの駐車支援技術をはじめ、衝突を防ぐ「Closing Vehicle Sensing and Reverse Traffic Detection」、新車載コネクティビリティの「Land Rover InControl」などが用意されている。

レンジローバー イヴォーク の2014年モデル レンジローバー イヴォーク の2014年モデル レンジローバー イヴォーク の2014年モデル レンジローバー イヴォーク の2014年モデル