VW  black up! white up!《撮影 小松哲也》

フォルクスワーゲン(VW)グループジャパンは8月22日、『up!』初の限定車となる『black up!』『white up!』を発売した。限定1200台の販売で、価格は189万〜199万円。

商品企画を担当したマーケティング本部プロダクト・マーケティング課の沢村武史氏は「優れたスタイリングと品質感を強調した限定車の導入で、これまでのup!のポップで親しみやすいイメージに、洗練された一面を与え、デザイン性の高さをアピールしたい」と語る。

その上で「最終的には国産上級モデルや輸入車エントリーモデルなど上質なスモールカーを意向するお客様の獲得を強化し、激戦のスモールカー市場におけるup!、ひいてはVWの存在感、イメージの向上を図っていく」とも述べた。

限定車の主な内容は「ボディ色とコーディネートされた専用16インチアルミホイールを採用。ホイルキャップがボディ同色となるのに加え、white up!はホイール全体が白でペイントされており、モノトーンのコンセプトを強調。ドアミラー、サイドモールディング、フォグランプの周囲にはクロムパーツを効果的に配し、プレミアム感を演出。これまでのシンプルで親しみやすいという印象が強かったup!は、また違ったスタイリッシュでクールな大人っぽいイメージに仕上げた」という。

また「インテリアもそれぞれのボディカラーとコーディネート。フロント正面のダッシュパッドと名付けたカラーパネルはボディカラーと同色のものを採用。ボーダー調の専用デザインとなるシート地には部位によって異なるファブリック素材を用いて、up!ロゴを縫い付けた。さらにロゴは専用レザーステアリングホイール、専用ドアシルプレートにも配され、特別感を主張している」と説明した。

VW  black up! white up!《撮影 小松哲也》 VW  black up! white up!《撮影 小松哲也》 VW  black up! white up!《撮影 小松哲也》 VW  black up! white up!《撮影 小松哲也》 VW  black up! white up!《撮影 小松哲也》