キャンピングカー(参考画像)

日本RV協会は、福島県北塩原町の「オートキャンプいこいの森」駐車場内に、同協会が認定した第12号「RVパーク いこいの森」を8月22日よりオープンすると発表した。

道の駅の駐車場を宿泊施設として認めることは法的にも明文化されていないが、場内に駐車場泊が公的に認可されるのであれば有料でも構わないという意見がRVユーザーから多く寄せられており、同協会では、道の駅や入浴施設を有する企業にキャンピングカー専用の宿泊スペースをつくるよう働きかけ、これまで11か所のRVパークをオープンしてきた。

今回、オープンしたいこいの森は、観光地である 「裏磐梯」に位置し、近くには釣りからカヌーまで幅広いレジャーが楽しめる「檜原湖」、多くの観光客が訪れる魅惑の「五色沼」などもある。1700円で車中泊が可能で、電気使用料やゴミ処理費用も料金に含まれる。予約は原則不要だが、事前予約でスペースを確保することもできる。利用可能台数は3台。