三菱重工の大型風力発電設備

パテント・リザルトは、中国において2013年6月末までに公開された風力関連の特許と実用新案1万4949件を対象とし、参入企業の出願件数を集計した。

集計の結果、1位はゼネラル・エレクトリック、2位ヴェスタス ウインド システム、3位シーメンスとなった。

1位のゼネラル・エレクトリックは、2005年に中国における大型風力発電プロジェクトを受注したほか、2010年には中国の発電設備大手「ハルビン動力設備有限公司」の子会社と合弁会社を設立するなど、中国内において風力発電事業に積極的に取り組んでいる。

2位のヴェスタスは、1986年から中国で風力タービンを設置しており、中国における主要な風力発電事業社となっている。出願件数は2005年ごろから大きく伸びている。

3位シーメンスは特に2009年ごろから出願件数を伸ばしており、2008年では6位であったのが、直近では3位に浮上している。

なお、日本企業としては5位に三菱重工業がランクイン。同社は2005年ごろから出願件数を伸ばし、2007年には中国の電力会社、寧夏発電集団傘下の呉忠儀表股分有限公司に対して技術供与を発表、中国での風力発電事業に参入している。

中国における風力発電関連技術出願件数トップ10